Q&A

LPガスは環境にいいの?

燃焼時に生じる排ガス中のCO2量をみますと、LPガスは石油や石炭に比べて非常に少ない量しか発生しません。

さらに公害物質のもととなります硫黄分や窒素もほとんど含まれていません。

このように、燃えにくい物質がほとんど含まれていない為、ススも出ず、CO2の発生も少ない事からオゾン層破壊に及ぼす影響は非常に小さく、環境にとてもやさしいといえます。

空気を汚さず、高カロリーなエネルギー、それがLPガスの特徴なのです。

前ページへ戻る