Q&A

LPガスの保安業務とは?

お客さまの安全を守る為に以下のLPガス販売事業者は保安業務を行うことが、液化石油ガス法に定められています。
このためLPガス販売事業者は、自ら認定を受けて行うか、認定を受けた業者に委託して、保安業務を必ず行って実施しています。

法に定められている保安業務は以下の7つをさします。

①供給開始時点検・調査(初めてLPガスを供給する時の点検・調査)
 LPガスの供給を開始する時に、全ての設備の点検や調査。

②容器交換時等供給設備点検
 容器交換時などに容器・圧力調整器・メーターなどの点検や調整。

③定期供給設備点検(4年に1回以上、地下室等は1年に1回以上)
 定期的に供給設備のガス漏れ検査

④定期消費設備調査(4年に1回以上、地下室等は1年に1回)
 ガス器具や給排気設備等の調査を行い、結果を消費者に通知。

⑤周知(供給開始時および2年に1回、設備によって1年に1回)
 LPガスの使用上の注意などを記載したパンフレット等(周知文)を定期的に配布。

⑥緊急時対応
 消費者からの災害の発生等の連絡に対して出動し、素早い措置。

⑦緊急時連絡
 消費者からの災害の発生等の連絡に対して、素早い措置。(出動を伴いません)

前ページへ戻る